HOME > 活動報告 > 活動報告 > コロナ禍を生き抜く経営戦略!(第3弾)① 石屋製菓(株) 広報CSR課 亀村 建臣 氏

コロナ禍を生き抜く経営戦略!(第3弾)① 石屋製菓(株) 広報CSR課 亀村 建臣 氏

2020.09.15(火)

テーマ:「100年先も北海道に愛される会社へ~今だけ、金だけ、自分だけとならないために~」

報告者:石屋製菓(株) 広報CSR課 亀村 建臣 氏

コロナ禍突破連続企画第3弾の1回目は「白い恋人」でお馴染みの石屋製菓(株)広報CSR課の亀村氏が登壇しました。

1947年創業、従業員1,000名を抱える同社は、緊急事態宣言が出された中で「白い恋人パーク」の休業を余儀なくされました。約500を数える直営店・特約店も営業自粛を余儀なくされ、製造しても在庫過多になるという状況でした。

その中で、テーマにもある「今だけ、金だけ、自分だけ」とならないためにどのような行動を取るべきか社内でアイデアを出し合い、「白い恋人」の寄贈や、医療従事者への支援、オンラインショップでの半額セール、さらには北海道農業への貢献といった様々な取り組みを行いました。

今後の取り組みとして、100年先も北海道に愛される会社を目指し会員同士の企業間連携を力強く呼びかけました。