HOME > 活動報告 > 活動報告 > コロナ禍を生き抜く経営戦略!(第4弾-①)(株)インサイト デジタルプロモーション室プランナー 石飛 卓也 氏

コロナ禍を生き抜く経営戦略!(第4弾-①)(株)インサイト デジタルプロモーション室プランナー 石飛 卓也 氏

2020.10.15(木)

テーマ:「コロナ禍における新しいプロモーションのカタチ」
報告者:(株)インサイト デジタルプロモーション室プランナー 石飛 卓也 氏

コロナ禍突破連続企画第4弾の1回目は、札証アンビシャス市場にも上場し、今年で47期目を迎える総合広告会社の(株)インサイトの石飛卓也氏が登壇しました。

石飛氏からは「ファン」を大切にし、「新しいファン」をつくることがこれからの時代を生き抜くポイントであると提起があり、そのポイントとして①質の高い新規ユーザーの獲得、②新しい情報発信の2つがあがりました。

従来の情報発信は企業がテレビやラジオ・新聞などで広告していましたが、今後は消費者がSNSを使い情報発信をする時代に向かいます。

どのようにしたら消費者に情報発信をしてもらえるのか?中小企業が今すぐやるべきことは何か?石飛氏の報告からウィズコロナ時代の経営のヒントを探りました。