HOME > 活動報告 > 活動報告 > コロナ禍を生き抜く経営戦略!(第2弾)③ 井村屋グループ(株) 代表取締役会長 浅田 剛夫 氏

コロナ禍を生き抜く経営戦略!(第2弾)③ 井村屋グループ(株) 代表取締役会長 浅田 剛夫 氏

2020.08.31(月)

テーマ:「コロナ時代を生き抜く顧客創造経営~三重県からの報告」

報告者:井村屋グループ(株) 代表取締役会長 浅田 剛夫 氏

アイス商品やぜんざい等でもお馴染みの井村屋グループ(株)の浅田会長が三重県から報告しました。

北海道との関わりから、井村屋の歴史と特色、「特色経営(他人、或いは他社の真似をしない独自性のある経営)」と「不易流行(守るべきことはしっかり守り、変えるべきは勇気をもって変更する)」というキーワードをもとに、井村屋グループの取り組みについて語りました。

成長するには「企業変革」しかない。コロナ問題は企業の根底から変化させる事態となっていますが、逆に構造改革を行う絶好のチャンスと捉え、変革の機会に気づかせてくれた大事な示唆と話します。

ECとリアル店舗、デジタルと表見訪問、量と質など如何に最適なバランスを取るかが重要であり、リモートで新しい魅力を発信することと同時に、地元に目を向けることが大事なことであると纏め、新たな気付きを得た例会となりました。