HOME > 活動報告 > 活動報告 > 豊平・清田地区会 5月例会

豊平・清田地区会 5月例会

2018.05.15(火)

豊平・清田地区会は、5月14日の5月例会を開催し、31名が参加しました。

今回の例会は(株)どうきゆうの会議室をお借りして開催。豊平・清田地区会が展開する小グループ勉強会「とよきよ和塾」のプレゼンテーションと題して、和塾として活動する「100年の会」「広報部会」がそれぞれの活動を発表しました。

広報部会は、地域内の会員企業を訪問して現地で学ぶ活動を展開しています。リーダーの奈良伸一さん(北斗徽章)は「ただ訪問するだけでなく、行って学び感じたことを記録することに力を入れている。毎回、地域にこんな企業があったんだ!という驚きと感動を得られている」と報告しました。

100年の会は、経営の本質と哲学を追求し、メンバー同士の絆づくり、人格形成に力を入れています。どうきゆうの中西社長が主宰するセミナー「革新の風」、懇親会、研修旅行、会員が自分の得意分野について報告する「手弁当の会」など、これまでの活動が写真などを用いたプレゼン資料でわかりやすく報告されました。

その後、特別講演として、中西社長による「ミニ革新の風」セミナーを開催。エクスペリエンスマーケティング(エクスマ)をテーマに、これから経営者はどのように考え、行動するべきか、自身の経験と事例を交えて講義しました。

 

関連タグ: