HOME > 活動報告 > 活動報告 > 東地区会6月例会「IT投資の目的と注意すべき副作用とは?」

東地区会6月例会「IT投資の目的と注意すべき副作用とは?」

2018.06.25(月)

東地区会は6月18日に例会を開催し、18名が参加しました。

「IT投資の目的と注意すべき副作用とは?~自社のIT導入の実践からみえてきたこと~」と題し、大豊資材工業(株)の大関徹社長にお話しいただきました。

大関社長の経歴にはじまり、入社時の段階からITを取り入れ、業務量と処理量の推移をみて、どのような業務をIT化するかを検討したり、導入してトラブルを経験した後に避ける為にした事などを伺いました。

導入後の副作用に対して「アナログ(人間力)が結局は必要となる」と語られたのが印象的でした。「理想のシステムは何か、視点を変えてみて」など大関社長の実体験を元に説明頂きました。

導入にあたってのコストやIT化のメリット、本当のIT化とは何か、自社と向き合う機会となりました。

関連タグ: